溝呂木動物病院

溝呂木動物病院

 

施設案内












エントランス
大型犬とも並んで歩けるスペースを確保しています。

入り口サイン
診療案内、診察時間などご確認ください。

駐車場
7台収容可能の駐車場を完備しています。




待合室
広々として待合室でペットにもリラックスしていただけます。

受付
コンピュータによるカルテ管理を行います。

第一診察室
犬の一般身体検査、診療を行います。昇降式の診察台は膝の所まで下がりますので、大型犬でも無理なく診察が行えます。

第一診察室
眼圧検査、スリットによる検眼、眼底検査等を行います。

第二診察室
猫、小型犬の一般身体検査、診療を行います。

処置室・検査室
麻酔器、人工呼吸装置、心電計、血圧計、パルスオキシメーター、カプノグラフ、食道聴診器等を備え、麻酔、手術前の剃毛、消毒を行います。

麻酔器・ICU
心疾患等のハイリスクの動物や、麻酔覚醒時に、酸素濃度、湿度、室温を一定に保つユニットです。

各種検査機器
血液、血液化学検査、血液凝固検査、尿検査、糞便検査、細菌培養検査、超音波検査を行います。レントゲンの説明をモニターで行えます。

内視鏡
異物摘出、食道、胃、十二指腸の病変部の所見および、腫瘍等の病理組織のための細胞の採材を行います。

CO2レーザーメス・赤外線レーザー
CO2レーザーメスは腫瘍等の蒸散、切除に、赤外線レーザーは間接疾患、椎間板ヘルニアや外耳炎、口内炎等の消炎、鎮痛に使用します。

カラードップラー超音波診断装置
カラードップラーを用い心臓や腹部臓器の内部構造を詳しく診ることができます。異常血流の発見や心機能の精密な測定を行います。妊娠診断にも必須の検査です。

超音波手術システム(超音波凝固切開装置)
血管を結紮しないで止血・切除が可能なので、腹腔内に糸を残したくない時や腫瘍等による肺・肝臓・膵臓・胆嚢切除の時に使用します。手術時間の短縮が可能です。

超音波手術システム(超音波乳化装置)
ハンドピースにより血管・神経を温存しながら各実質臓器を乳化・吸引することにより腫瘍などの切除を安全にかつ短時間に行います。

SonoCure超音波手術機
神経・血管・硬膜などの弾力性に富んだ組織を選択的に温存でき、肝臓切除、肝臓と胆嚢の剥離、各種腫瘍摘出、リンパ節郭清や椎間板ヘルニア椎弓切除、尾骨・軟骨などの切削、膝蓋骨脱臼などに使用します。

SonoCureハンドピース
ハンドピースを交換することにより、「軟部組織の乳化吸引」と「整形領域の骨切削」2通りの作業が行えます。

富士ドライケム IMMUNO AU10V
甲状腺機能検査(T4・TSH)副腎皮質機能検査(COR)および肝機能検査(TBA)を迅速かつ効率的に行える免疫反応測定装置です。今まで外注していた検査がその場で測定できるようになりました。

体温維持装置 TSCIウォームエアシステム
手術時における体温低下を回避するための保温機器になります。温風マットは従来の温水マットに比べ優れた保温能力を発揮し、長時間の手術において一定した体温管理を可能にしてくれます。

手洗所
滅菌水の出る手術用手洗い装置、センサーにより自動的に滅菌水や滅菌タオルを出し、手術前の手指の消毒を行います。

医局
薬の調剤、分包を行います。

手術室
麻酔器、人工呼吸装置、心電計、血圧、パルスオキシメーター、カプノグラフ、低体温化を防ぐ温水循環式保温マット、麻酔濃度(呼気、吸気)等を記録しており、術後すべての記録を見る事ができます。

手術室
電動油圧手術台でX線撮影および、X線透視ができるとともに、あらゆるポジショニングでの手術が可能です。

エスティバ/5 Pro7900
整形外科においてX線透視装置を使用し、最小侵襲外科を行います。未熟児、新生児の麻酔管理をサポートするペインモジュールがついています。小型犬種、猫に用います。

整形器具
ストライカー社とシンセス社の整形外科用器具です。骨切り、プレート、ピン、創外固定、椎間板ヘルニアのドリルによる減圧術を行います。

電気手術装置
モノポーラとバイポーラの電気メス機能とさらに血管をシールして止血するためのLigasure(血管シーリング)システムが一体化した米国Valleylab社製です。

電気手術装置ハンドピース
電気手術装置用のハンドピースです。出力を5段階に調節できるスライドスイッチも装備され、スプレー凝固の切り替えも行えます。

猫入院室
猫専用の入院室です。

犬入院室
犬専用の入院室です。酸素吸入設備も備えています。

レントゲン室
インバーター方式により、動物種、体重、2方向、部位をボタン一つで設定でき、最適な撮影条件を確保できます。

CALNEO1417Wireless
X線撮影後1秒で画像を表示。瞬時に画像確認ができます。連続撮影の他、照射野を自動認識し最適なサイズへトリミングするなど、編集作業の負担を軽減します。

Console AdVance
CALNEOを制御します。撮影室内の省スペース化とワークフローを最適化し、撮影画像を一元管理します。

レントゲンモニター(処置室)
X線撮影装置で撮影した画像を瞬時に処置室で確認できます。飼い主様への説明などに利用します。

レントゲンモニター(手術室)
X線撮影装置で撮影した画像を瞬時に手術室で確認できます。モニタで詳細を確認しながら手術を行うことができます。

コンピューター解析診断計
心電図検査をおこないます。

携帯型X線撮影装置
立体撮影、動物を通常の姿勢より横から椎間板を撮影したり、また、手術室での撮影に使用します。






溝呂木動物病院  〒232-0066 神奈川県横浜市南区六ッ川 2-1-45  TEL:045-721-1771

溝呂木動物病院
〒232-0066 
神奈川県横浜市南区六ッ川 2-1-45
TEL:045-721-1771

トップページ | 診療案内 | 施設案内
スタッフ | 学会・研究会 | 求人案内

↑ ページの先頭に戻る